fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

フリーパス等を使った悪質な不正乗車にご注意ください!

今回の記事は注意喚起。

実は昨年の6月頃には話は伺っていましたが、JRのフリーパス等を使って不正乗車をする輩が一部いるようです。明らかな犯罪行為でもあるため、摘発されることを切に願っています。

2通りのパターンで悪質な不正利用を働いているようです。


【パターン1:フリーパス等を未使用扱いで期限が切れる直前に窓口に行き、有効期間開始日の変更を受ける】

ここ数日話題に上がっているのがこの手口。きっぷは有効期間内で使用開始前に限り、有効開始日の変更を1回発売箇所で対応してもらえます。

フリーパスは通常どおり購入し、その後、改札などを一切通さずに使用期限ギリギリまで未使用状態とし、おそらく理由をつけて窓口へ行き、有効開始日を変更するというものです。なので、1回購入して2回楽しむことができる手口です。

実際に発券された当初のままきっぷを維持できるのかというと、これはコロナ禍だから可能なのかもしれません。

JR北海道では、新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、車内におけるきっぷの確認作業、いわゆるスタンプを押したりする作業を省略しています。目視で確認することは実施していますが、利用客側できっぷを見せるだけで、基本的に乗務員の手に触れることはありません。これを上手く利用するわけですね。

昨今話題の「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用するとします。当該パスを購入するまでは通常どおりですが、そこから改札内に入場する際と改札内から出る目的地へのきっぷをそれぞれ別に用意します。

例えば、札幌〜函館間の利用で説明しましょう。基本的に特急列車に乗車するわけですが、その際に改札内に入る際、札幌駅の入場券または札幌から苗穂、桑園までの乗車券(近距離きっぷ)を購入し、そのきっぷでまず改札内に入ります。

次に列車に乗車し、車内で車掌による検札の際には、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を提示します。この時点で改札機を通していなければ、検札においてコロナ禍で目視による確認作業で済まされる昨今、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は発券当初の状態を維持しています。

目的地到着後は、事前に購入しておいた、例えば五稜郭から函館へのきっぷ等を函館駅の改札機に通せば、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用しつつ、発券当初の状態を維持することができるわけです。穴の空いていないきっぷが改札機を通れないというルールはありません。改札機に通してしまえば、そのまま簡単に改札の外へ出られてしまいます。

もっと簡単な方法もあり、主要駅でも夜間駅員が不在になる駅だと、簡単に通り抜けできるでしょう。この場合は代わりに乗車列車の車掌が駅通路で確認する場合もありますが、発車準備もあるため、駅ホームで発車するのを待っていれば、それも簡単に改札の外へ出ることができます。

ここまでであれば、別に犯罪行為でも何でもありません。単に余計にきっぷ代を散財しているバカです。ここからが違反行為になるわけです。


こうして、この行為を何回も繰り返し、発券当初の状態を維持したきっぷを期限切れ直前に発券した窓口等へ持っていき、期限内且つ未使用を理由に有効期間開始日の変更を受けて再度利用するという手口のようです。

有効期限開始日の変更は1回限り可能ですから、おそらく一度に2回までの使用が限度なのだと思います。

ここがアウトなんです。本来2回購入する分を1回としているのですからね。おそらく詐欺罪か何かに該当するのではないでしょうか?



【パターン2:フリーパス等を未使用扱いで期限が切れる直前に窓口に行き、払い戻しを受ける】

管理者が最初に伺っていたのがこちらの手口。流れはパターン1とほぼ同じですが、最後の最後で有効期限を変更するか、払い戻しするかの違いです。

払い戻しするとはいえ、手数料がかかるので、それを差し引いた額になります。

きっぷは有効期限内かつ使用開始前に限って払い戻し対応も可能です。手数料が引かれ、余計な改札の入出場に使うきっぷの金額を差し引いたとしても、格安で特急に乗って移動できるということなのでしょう。


しかも驚きなのが、この不正乗車したであろう人物がJRのグループ会社で内定貰っているという話も出回っており、これは本当かどうか不明ですが、JRを不正利用しているであろう人間を採用し、その後万が一にでも問題が明らかになった際は大変なことになりますよ。




昨年の6月に管理者のTwitterのDMでこの情報が流れてきました。そして、昨日あたりからこの話題で北海道の鉄道界隈はヒートアップしています。

仲間内はその火消しに走り、擁護するような投稿も。理由は不明ですが、この不正乗車で上がっている人間がいなくなったら困ることがあるのでしょう。例えばネタ列車の情報提供等がまさにそれです。


鉄道界隈では、グレーゾーンと称し、踏み込んではならない一定の領域というものが存在します。それが・・・

・ネタ列車の情報をどこで仕入れたのか

・即上げ(即SNS等に写真を投稿する行為)禁止


主にこれらが該当します。理由は突っ込んだら面倒くさいのです。この鉄道界隈というのは仲間は強固な結びつきであり、仲間が攻撃されたら、それを擁護しようと一斉にターゲットにされるのです。

相手はいわゆる「都合のよい解釈」で逃げ切りますが、基本的に活動は長きにわたって続きません。そこから仲間割れや裏切りが出てきます。鉄道界隈のSNSはそのような感じで繰り返されているのです。


即上げ禁止というのは意味不明ですが、要は彼ら都合のよい解釈によると、その先の駅などが混んで列車の運行や利用客に支障が出かねないというもの。単に数字稼ぎのために上げたモン勝ちみたいなものがありますから、管理者からしたらこちらの理由の方が正解ですよ。

数字を稼ぎたいがための言い訳にすぎないのです。


話題が逸れてしまいましたが、今回のきっぷの件も、情報が流れたということは、元々の仲間内から拡散されたということ。当初はグレーゾーンとしていわゆる「仲間の腐った絆」を大事にしてきたのだと思いますが、徐々に行為がエスカレートしていき、対応し切れなくなったのでしょう。裏切り者から出回った情報が拡散されていると思っています。



摘発するにしても、これまでのものは証拠を隠滅しているでしょうから、過去の件の立証は難しいでしょう。これを防止あるいは今後摘発するのであれば、少なくともフリーパス等を使って利用しているという証拠を手に入れ、そのうえで購入した窓口で有効期間開始日の変更あるいは、払い戻し手続き実施直後に窓口を出たところで取り押さえれば摘発できるはずです。


よくこうした不正乗車の手口について、今回のようにブログに書き込んだことで、読んだ輩が真似するということで批判を喰らうこともありますが、それはただの言い訳に過ぎません。一度こうして情報を拡散させておくことで、周囲から目を光らせておく必要があるのです。


キハ183系のプレート盗難といい、撮影マナーといい、ロクなことがない鉄道界隈。管理者もすっかり身が狭いです。管理者は鉄道が好きなので、やはり楽しんだもん勝ちですよ。そういう変なのは相手にしないのが一番です。


もし、有力情報等ありましたらコメントにてお願いします。また、不正乗車した可能性のある人物については、名前、写真、Facebookで既に把握しているので、知りたければDMなどでお伝えします。もし情報をもっと詳しく知りたければ、Twitterのアカウントで情報をより知っている人物であろうアカウントも紹介しますので、よろしくお願いします。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
12384: by MM on 2023/02/21 at 21:43:40

初めまして。少し気になる言葉があったのでコメントさせていただきます。
即上げにあてはまるものとして、比較的公になっていない回送列車がほとんどです。運行中に写真が拡散されることにより界隈の多くの人が列車の存在を知ることができます。特に試運転系の列車は途中に長時間停車することもあるので、その時間を使って各お立ち台に大人数が集まり、混雑や「速報を見たマナーのない奴」といったことが原因のトラブルが発生することもあります。そのトラブルを減らすため、まずは情報を通達する手段を減らそうという観点から即上げを禁止しようという暗黙のルールができたのではないかと思います。これが都合のよい解釈に当てはまるかどうかはわかりませんが、多少なりともトラブルを減らせるのであれば、めちゃくちゃ悪い案ではなさそうな気がします。
当然、鉄道というのは乗って移動するためにあるものです。その中の鉄道界隈は海外ではあまり見ない鉄道の発達具合とシステムを楽しむ趣味です。全員が安全に楽しむことができればそれに越したことはありませんが、まずは「いい雰囲気をつくる」ことが大事になってきてるのではと思います。

12385: by 偽善者 on 2023/02/22 at 00:21:32

そもそも払い戻しや日付変更したきっぷが不正利用したきっぷかどうかを判断するのは難しいのでは?ネットでああだこうだ言ったて、どうにかなるのかね?正義感の強い人が多いのは関心するけど、俺なんかそいうのはもう無視だわ。冷めててすいません。
まぁ、このきっぷも今回で終了かも。外国人もよく見かけるようになったし、交付金も別の方に多く当てられるかもしれんし。

12387: by おときゅうパス愛用者 on 2023/02/22 at 09:55:30 (コメント編集)

大人の休日倶楽部パス(おときゅうパス)を利用して格安運賃でJR北海道管内並びにJR東日本管内の「乗車三昧」を楽しませていただいています。
11月にキハ183の乗り納め(札幌→網走→遠軽→網走→旭川)をして来ました。(今となってみれば“静か”なうちに乗れてよかった。)後になりプレート盗難など愚行が報道されはじめ鉄道旅行を愛好する者として良い気分がしません。フリーパスの悪用、ひどい人がいるのですね。JR東日本管内だと新幹線に乗ればどうしても改札機を通すことになり、3回まで乗車・降車駅が印字されます。また指定券を発行すると券面に★印が印字されます。これを免れるには、改札機を通らず、指定券発行を受けず有人改札を通り抜けるしかなさそうですが札幌駅のような大きな駅。改札機ばかりのところでどうするのでしょうか。「ずるいものが逃げ得」は許せませんね。検札の強化と摘発者には見せしめ的にも法の裁きを受けるように持っていくべきですね。北海道のテレビ・新聞社などマスコミの力も借りられないでしょうか。

12393: by 管理人 on 2023/02/26 at 15:27:02

>>MMさん、コメントありがとうございます。

基本的に即上げ禁止と謳っている連中が、駅での混乱等の配慮ができる人間とhじゃ思えないのです。なぜなら即上げ禁止を謳っている連中というのは、基本的に問題のある、配慮に欠けた人間だからです。

彼らの目的は珍しい列車を撮影し、SNSにアップして数字を稼ぐことです。なぜそう言い切れるかというと、日常の列車の写真がほとんどないのです。

逆にトラブルを回避できるための一役になる即上げ禁止も、善良な人間たちが情報を掴んで駅ホーム等で撮影すれば、そのようなルールは設ける必要がないのです。

もっと話題を大きくしてしまうと、全体的に常識が欠如している鉄道界隈ですから、楽しく、フツーに活動していれば、即上げ禁止やマナーの問題にはならないはずなんです。管理者も含めて鉄オタ全体の問題だと思っています。

解決する手段としては、マナーのある常識を備えた人間になることしかないですよ。

12394: by 管理人 on 2023/02/26 at 15:36:30

>>偽善者さん、コメントありがとうございます。

不正利用したか判断するのは難しいですよ。だから記事中のとおり、張り込み捜査で証拠を押さえるしかないのです。今回の場合は不正利用者はある程度特定されているので、そのターゲットを張り込めばよいのです。

このHOKKAIDO LOVEというのは、コロナ禍において、北海道を救済するようなキャンペーンみたいなものでした。5月以降5類移行によってコロナ禍から事実上脱するわけですから、当該フリーパスにおける不正乗車は解消していくと思います。また、車内におけるきっぷの確認も確認印が押され、通常どおりに戻ると思います。

SNSで正義感満載なのに、裏では不正利用するというのが許せないんですよ。管理者は今回は無視できませんでした。

脱コロナ禍を機に、そうした不正乗車がなくなることを期待します。

12395: by 管理人 on 2023/02/26 at 15:51:15

>>おときゅうパス愛用者さん、コメントありがとうございます。

残念ながら、そういう連中はいるのです。試算されていないと思いますが、この公共交通の不正乗車市場というのはかなり大きな規模のカネになると思います。

記事中のとおり、巨大ターミナルになるにつれ、その不正利用がしやすくなります。入場券などのダミーきっぷ、目的地側は近距離きっぷを事前に購入すれば簡単に発券状態を維持できます。

マスコミの介入も必要と考え、この不正乗車市場の規模の実態に乗り出し、それを把握する必要があると思っています。

12576:知恵 by 南国 on 2023/04/24 at 22:36:04

そんな悪の技があるとは。
入手可能な切符を駆使して、いかに安くたくさん乗るか知恵を絞るのも鉄道の旅の楽しみの一つと思っている者からすれば、そんな悪知恵を持つ方に悪い意味で感心しました。


12580: by 管理人 on 2023/04/27 at 20:57:10

>>南国さん、コメントありがとうございます。

この情報教えていただいたものですが、それにしても頭のいいやり方ですよね。ここまで考える必要があったら、他のことに頭を使えばいいと思いますよ。

▼このエントリーにコメントを残す