fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

観光用のH100形2両が苗穂工場に入場中

外装が通常のH100形とは違うH100形が苗穂工場に入場中です。





9月下旬に甲種輸送にて北海道入りし、一度旭川まで輸送されています。その後試運転を経て、とりあえず2両が札幌へ回送されました。車番は「H100-84」と「H100-85」の2両です。

これら2両は、北海道高速鉄道開発株式会社が取得し、JR北海道に無償貸与される車両です。観光用として地域の特色を生かしたラッピングに加え、内装も通常の車両とは異なります。観光列車のほか、通常時は定期列車としても使用します。

昨年度に4両が既にラッピングを施して営業運転を開始しています。今年度も今回の2両のほかに2両の計4両の車両が登場し、宗谷線、根室線、室蘭線、日高線のラッピング車両が登場します。

これにより、観光用のH100形が全て出揃います。

しかし現状では、釧網線や花咲線といったラッピング車が登場しているものの、これら路線ではH100形が使用されていないので、根室本線の新得〜釧路間で使用されています。H100形の投入がまだの路線は、現時点でまだその路線で使用することができないのです。

後日お伝えしますが、再来年の春に北海道からキハ40形気動車の定期運行を終了します。これによって、H100形の運行エリアが拡大します。キハ150形も一部で函館への転属が始まっており、H100形製造完了後も残る見込みのローカル気動車については、函館エリアへの転属となりそうです。

これによって、観光用のH100形も全ての車両がようやくそれぞれの路線で使用を開始することができます。函館本線山線(小樽〜長万部間)は廃止が決まり、少なくとも長万部〜新函館北斗間も将来的にどうなるかわからない状況です。規模の大きい函館本線にも関わらず、函館線ラッピング車が登場しないことにも納得がいきます。


どの車番の車両がどのラッピングを実施するのか現時点で不明ですが、さらなるバリエーションが増え、道内各地の路線で今後活躍することを期待します。












↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
12935: by ナナッシー on 2023/11/28 at 21:26:04

こんばんは
H100系ですが、今は92から95までが艤装作業中で、96から99までは構体作業中になっています。
それと同時に733系の構体も出てきています。

おそらくですが、92から95までは来年2月頃までに、96から99と733系は来年5月頃までには出てきそうです。

2024年度以降は733系をメインに製造し、2025年度にH100系を12両程製造することでキハ54も置き換えの視野に入ってきそうです。

12938: by 管理人 on 2023/11/28 at 23:54:05

>>ナナッシーさん、コメントありがとうございます。

引き続きエアポート用は733系が製造されるようですね。あとは内装でアップデートされているのか気になります。本州の車両ような大型ディスプレイ型の表示がいいです。

来春のダイヤ改正では、H100形は単なる増備で、エリア拡大とはならず、再来年に持ち越しでしょうか?733系については、営業運転開始とともに順次721系を淘汰していく感じかなと思っています。

12959:石炭車仕様のラッピング登場 by 龍 on 2023/12/07 at 23:18:23 (コメント編集)

H100-84のラッピングが徐々に明らかになってきました。北海道でかつて活躍した石炭車(セキ3000形貨車)を再現したデザイン(黒地に黄色の帯)で、前面は黒と黄の警戒色。側面には実車のセキ3000形にもあった「道外禁止」の文字が入っているなど、かなり細部にこだわっているようです。

12967: by 管理人 on 2023/12/11 at 22:57:10

>>龍さん、コメントありがとうございます。

本日見てきました。Xでも見ましたが、かなり細部も再現されているというか、ファンからの評価も高いですね。

おそらく室蘭線ラッピングがこれに該当し、南は長万部まで乗り入れることでしょう。運用変更によって稀に日高本線にも入る可能性もありそうですよね。

岩苫線の運用は石勝線も含まれており、石勝線は夕張市内まで乗り入れるので、まさにラッピングにピッタリです。

花咲線とかもルパンラッピングとかにしたらより盛り上がったと思います。そうしたネタとコラボした方が富良野線などの風景再現のラッピングよりもウケが良さそうですね。

▼このエントリーにコメントを残す