fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

新たにH100形4両が本州から旭川へ

一昨日、新たに本州からH100形4両が札幌貨物ターミナルを経由して旭川へと向かいました。





札幌貨物ターミナル駅構内で待機中の様子です。H100形の本州からの甲種輸送は、先行車を除いて一気に大量に輸送されてくるのが一般的でしたが、今回は両数が少ない4両です。甲種輸送のタイミングで報道もあり、来年3月ダイヤ改正以降、新たに石北本線と釧網本線にH100形が導入されます。旭川〜上川間については、3本の列車を除いて既にH100形に置き換えられていますが、ダイヤ改正以降はこの3本と上川〜網走間の全ての列車が置き換えられるでしょう。





旭川へ向かう際を厚別駅から。

前回の甲種輸送から昨年度とは時間帯が変更されているようです。X(旧Twitter)での情報をもとに調べてみると、札幌駅を13時ちょうどに出発する特急「カムイ17号」に乗車していた人間が、江部乙駅で甲種輸送列車を追い抜いたという情報を見つけました。

そして、前回は11時台から待機していたにも関わらず甲種輸送列車が来なかったことや、特急「カムイ17号」から逃げ切る岩見沢への普通列車の後を走ることは考えにくい、そして特急「ライラック15号」とその後続の岩見沢への普通列車は出発前に先行させると予想した結果、見事に予想が当たりました。

厚別駅を12時20分過ぎに通過して行きました。長旅と悪天候の末、最後尾の車両は泥まみれでした。

石北本線にH100形が投入されることで、キハ40形気動車の置き換えが一気に進みます。国鉄末期に登場したキハ54形も現在は宗谷本線の名寄以北と特別快速「きたみ」だけで、後者はキハ150形気動車を共通運用です。

また、留萌本線の石狩沼田〜留萌間廃止後、同線に乗り入れているのは主にキハ150形のようで、以前から比べると、キハ54形は余力ある運用になっています。H100形の導入によって、滝川〜富良野間での使用など、こちらも動向が注目されます。






↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
12980: by 礼文 on 2023/12/15 at 20:38:04

ちょうどダイヤ改正のニュースが出てきましたね。
上記の予想にプラスして札幌旭川間と釧網線もh100系が入ります。
一方でキハ54系が運用を外される事になりますが、花咲線区間の完全置き換えに行くと思います。
特別快速きたみも2両に増加しますが、車両が変わるのか気になります。

12981: by H100形の運用範囲が大方分かったところで。。。 on 2023/12/16 at 05:24:34

2015年の五カ年計画に記載されていた内容はほぼほぼすべて出揃いましたが、
方針がキハ40系を置き換えるというので、他の形式より多かったことを失念していました。
来年、石北本線の沿線の北見市が舞台のアニメがあるんですが詰めきれるかな。。。
とりあえず峠や上り勾配で雨や雪で速度が落ちてやり直しになるっていうネタが無くなりそうなら導入してもいいんじゃないかなと思った。

12989: by 管理人 on 2023/12/17 at 16:52:52

>>礼文さん、コメントありがとうございます。

花咲線がここ数年鹿との接触が増えて、車両が回せないことが何回かありました。間引き運転やH100形代走ということもあったので、釧網本線用も回して予備車両確保といったところでしょうか?

特別快速「きたみ」もH100形になるでしょう。座席数が少ないので2両ということでしょうか?

12990: by 管理人 on 2023/12/17 at 16:55:30

>>H100形の運用範囲が大方分かったところで。。。さん、コメントありがとうございます。

勾配路線なので、2軸駆動になって空転対策もされていますから、これによって特急車、普通車ともに勾配に強い車両に揃えられます。座席数は少なくなりますが、安全運行がより約束されるので歓迎ですね。

12993:特別快速きたみの2両化 by 急行大雪 on 2023/12/17 at 17:53:26

特別快速きたみの2両化がプレスリリースに記載されていましたが、石北本線で旭川から上川以東に直通する普通・快速列車(運転所への入出区を兼ねる)は、特別快速きたみの1往復と遠軽からの上り列車4622D、上川まで回送(回4555D)→上川始発の下り列車4623Dの計2往復しかありません。
現在は特別快速きたみが基本キハ54かキハ150の1両編成、普通列車が基本キハ40の2両編成となっていますが、これがどの列車もすべてH100になるのであれば、空転対策でこれまで2両にせざるを得なかった普通列車を需要実態に合わせ1両に減らせるため、その分特別快速きたみを2両に増やすのではないか(座席数が少ない、というのも念頭にあるかもしれません)、と私は(勝手にですが)考えています。
まあダイヤ改正を迎えればわかると思いますが・・・。

12995: by 管理人 on 2023/12/18 at 19:26:58

>>急行大雪さん、コメントありがとうございます。

特別快速「きたみ」が2両になるという事前に告知するのは珍しいです。札幌近郊の普通列車や特急などでなければ、両数はほぼ告知されませんが、これには驚きました。

確かに、普通列車1往復については、1両で十分です。今後は出力不足や空転等の問題がほぼありませんから、代わりにこちらを1両とするのかもしれませんね。

遠軽駅で列車番号が変更されるとはいえ、普通列車の1往復は実質旭川〜網走間(片道は旭川〜上川間回送)の直通運転ですから、これを1両で全て対応できるのかが気になります。ダイヤ改正以降どうなっているかですね。

▼このエントリーにコメントを残す