fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

この国鉄色ツートンカラーのH100形とは?

昨日、苗穂工場を覗いてみると・・・



先日記事で取り上げた石炭車(セキ3000形貨車)をモチーフとした観光用のH100形の姿がありました。

そしてその後方にも気になる車両がおり、車体形状はH100形としながら、国鉄一般気動車標準色ふうのツートンカラーの外装の車両も確認できました。

今年度は観光用のH100形4両から宗谷線、根室線、室蘭線、日高線のラッピング車両が登場します。ツートンカラーといえば、2021年に釧路支社管内で使用するキハ40形気動車が同塗装に塗り替えられました。その後は転属を経て、石北本線や根室本線の滝川〜東鹿越間などで使用されています。

このことから、撮影時は根室線ラッピング車かな?と思っていましたが自宅に帰って写真を見返してみると・・・



車体側面に恐竜のようなイラストが描かれています。間違いなく今年度登場するラッピング車4両のうちの1両ですが、この中で恐竜と関わりのある路線といえば・・・



日高本線を中心に使用している「カムイサウルス(むかわ竜)復興トレイン」。ということで、日高線ラッピング車がこれに該当するのではないかと思います。

写真のように外装が変更されているとはいえ、内装までは手は入れられておらず、定期運行終了後も臨時列車などで使用する観光用の車両には含まれないことが予想されます。なので、その後継車という意味合いもあると思います。

同車は11月下旬に釧路へ向けて回送されたようです。定期検査だと思われますが、時期的なものを考慮すれば最後の定期検査となることが予想されます。また、日高線ラッピング車も今年度中に登場することから、路線としては短いながらも、日高本線も将来的にはH100形に車両が統一されるのでしょう。

昨年度に登場した観光用のH100形とは異なり、今年度登場予定の少なくとも2両は、鉄道と関連づけた外装を纏っています。デザイン担当の人間が変わったのではないか!?と思えるような印象があり、管理者のような鉄道ファンとしては嬉しいものがあります。

おそらく、宗谷線と根室線のラッピング車がまだ姿を現していないと思われますが、現時点で姿を見せている2両が鉄道と関連づけたラッピング車としているだけに、残りの2両も楽しみです。


最後に、たくさんのコメントありがとうございます。順次返信していきますので、よろしくお願いします。












↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
13001: by 礼文 on 2023/12/24 at 23:04:31

既にご存知とは思われますがゴールデンカムイ号はご覧になられましたか?先頭部だけ金ピカになってるカムイです。
元々が銀色かつカムイという名前から連想されていたネタが昇華されて良かったです。

13008: by 管理人 on 2023/12/27 at 11:44:22

>>礼文さん、コメントありがとうございます。

実はいつかコラボしてくれないかな、と思っていたんです。せっかくなら編成丸ごと金ピカにしてほしかったですが、それは叶いませんでした。

朝日や夕日の中を走る姿は一段と綺麗に輝くんでしょうね。

▼このエントリーにコメントを残す