fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

除雪作業時間確保に伴う、毎週土曜日の深夜の列車の運休について

昨年度も実施していた除雪作業時間確保に伴う、毎週土曜日の深夜の列車の運休について、本日1月6日から2月24日までの毎週土曜日に実施します。

特に、あいの里公園、当別方面の最終列車が大幅に繰り上がるので、利用する際はご注意ください。




【毎週土曜日】

①札幌23:34発の千歳行きは全区間運休

②札幌23:37発の当別行きは全区間運休

③札幌23:59発のあいの里公園行きは全区間運休


【⚠️注意⚠️】

札幌23:59発の千歳行き最終列車は運転する

・毎週土曜のあいの里公園・当別方面最終列車は、札幌23:08発の当別行きに繰り上げ






上記のとおりとなります。


ホームページにおいても、ページリニューアルによって隠れてしまっているので、なかなか目につきにくいと思います。ちょうど新年会シーズンが始まり、土曜日で23時台となれば、帰宅時間帯で多くの利用が見込まれる時間帯です。そのような状況の中で列車が運休してしまうので、それよりも前の列車が混雑したり、そもそもこの情報を知らず、タクシー等で帰らざるを得ない場合も出てくるでしょう。地下鉄南北線を中心に混雑も予想されます。利用する際はご注意ください。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
13022: by ナナッシー on 2024/01/07 at 20:37:59

こんばんは
今年は小樽方面の運休がありません。小樽方面も岩見沢位降りますので、運休の設定あっても良かったのでは。

なお、札幌駅西口のみどりの窓口近くの掲示板には、岩見沢駅構内で急遽除雪作業を実施する場合、289Mと291Mは全区間運休、293Mは江別駅止まりになるとのことです。
江別以遠の普通列車は285Mが最終列車となり、特急列車を含めると2047Mが最終になります。(特急列車が岩見沢駅に先着します。)

札沼線の夜間停泊はないので、札幌運転所もしくは札幌駅での停泊になります。そのため、最終列車の繰り上げが大幅に早いと思われます。

千歳線の1826Mは全区間運休、1828Mは通常運転ですが、前者は千歳駅から札幌駅まで回送、後者は千歳駅から苫小牧駅まで回送です。

13024: by 管理人 on 2024/01/08 at 21:25:24

>>ナナッシーさん、コメントありがとうございます。

小樽方面は昨日と今日は大雪ですね。

こういう除雪のための列車の計画運休などで深夜の運用が大体わかってきました。札沼線の夜間滞泊は札幌駅が多いと聞いています。一部は単線で札幌駅まで戻さないといけないので、最終列車を早めざるを得ないんでしょうね。

岩見沢駅構内の除雪に伴う計画運休の情報はありませんでしたが、昨年と同じようですね。

13042: by 苗穂住民 on 2024/01/30 at 18:13:13

 こんばんは。
 
 早朝に苗穂運転所~札幌4時半頃~小樽間で回送になる編成(H100形2両)がありますが、この編成を昨年と同様に前日(土曜)の23時台(今年は23:37着札幌2番線23:40発のようです)に回送として除雪作業時間を確保しているようです。銭函駅前のライブカメラが見られるようになったので確認しましたが、前夜回送が予想されたエアポート64号の回送列車は所定の時刻(早朝)に通過していました。H100形の回送時刻変更のみで充分な時間が確保できていて、他列車の時刻変更や運休は必要無くなったのかもしれません。

 学園都市線は、640M→苗穂方引き上げ線→7番線滞泊(651Mと折り返し回送
運休)、エアポート225号→桑園方引き上げ線→11番線滞泊(1653Mと折り返し回送運休)になっているようです。当別駅のライブカメラも見られるようになったので確認すると、最終運行列車は649Mからの回送で、649M→23:54当別発回送0:19着札幌6番線滞泊(所定649M→23:58当別発回送0:33着札幌6番線滞泊)となっているようで、回送時刻の繰り上げと行き違い列車の運休により札幌着が繰り上がっています。

13043: by 龍 on 2024/01/31 at 02:45:28 (コメント編集)

通称・黄色線区(8線区)の沿線住民(高校生を除く)の利用頻度の調査結果が公表されました。選択肢は「全く使わない」・「年1回以下」・「年2〜3回」・「月1〜4日」・「週2日以上」の5つです。

・釧網本線(釧路駅〜網走駅間)
・根室本線〈花咲線〉(釧路駅〜根室駅間)
・石北本線(旭川駅〜網走駅間)
・宗谷本線(旭川駅〜稚内駅間)
・富良野線(富良野駅〜旭川駅間)
・根室本線(滝川駅〜新得駅間)
・室蘭本線(苫小牧駅〜岩見沢駅間)
・日高本線(苫小牧駅〜鵡川駅間)

宗谷本線を除く7線区において「全く使わない」が50%超という予想通りの数字が出ました。「週2日以上」の割合は最も高かった宗谷本線でも10%。他は3.3%の富良野線が最高で5%にすら届かず。釧網本線と花咲線に至ってはそれぞれ0%・0.4%でした。

・自宅や市町村の主要施設が駅から離れているので、そもそも冬は駅にたどり着くまでが大変。
・吹雪で見通しがきかない上、足を滑らせて転倒し骨折や頭部強打などのリスクがあるので、冬場はそもそも屋外を歩きたがらない
・無事に駅までたどり着けても時間通りに列車が来るかどうか分からない
・列車運行情報の回線が現状では貧弱で処理能力が低すぎるため、アクセス集中で表示されにくく、駅であと何分待っていればいいのかが分からないので、肝心な時に役に立たない(ちなみにこれは北海道中央バス等のバス接近情報でも指摘されている問題点)

だから北海道に限らず、積雪寒冷地ではほぼ車社会で公共交通機関の利用は少ない。政令指定都市の札幌市でさえ、住むなら可能な限り地下鉄駅の徒歩圏内(それも地下通路などで屋外に出ず駅に直結しているマンションなど)が望ましい。

東京など本州では「大深度地下にある地下鉄駅のホームへの移動が大変」などの理由でむしろ地下鉄は敬遠される傾向があるようですが、北海道からしてみれば「冬場に外なんか歩きたくないし歩けないので、例え深くとも地下鉄の方が断然いい」。

このような認識の相違があるという前提が理解できないと、まともな話し合いにすらならないです。私に言わせれば、札幌市は町の人口規模の割に地下鉄や地下街などのインフラ整備が全然できていない。予算その他諸々の問題点さえ解決できるなら、冬場は役立たずな幹線道路のバス路線なんか今すぐにでも全部地下鉄に置き換えてしまいたいし、JRの線路も全部地下に移設してしまいたいくらいです。

13044: by 管理人 on 2024/02/03 at 23:25:47

>>苗穂住民さん、コメントありがとうございます。

今年も1月から毎週土曜日と大雪の際は除雪のために最終列車の繰り上げが実施されています。

コメントと共に時刻表を確認すると、思ったほど除雪作業確保に伴う運用等やスジの変更は実施されておらず、このあたりも2年前の大雪の教訓から、除雪作業時間帯を考慮した運用に変更されていると思います。

最終列車終了直後から札幌駅の苗穂方では除雪作業が開始されています。札幌〜新千歳空港間が除雪作業上優先となるのと、苗穂周辺の除雪を考慮したら、H100形の回送も前夜までに実施するというのも納得です。

ダイヤ改正で新千歳空港発の最終が特別快速になりますが、航空機の遅延と除雪作業開始時刻までに札幌に到着させるために速達性を持たせているような感じがします。大雪の教訓から、特急「北斗23号」のような長距離を走って、札幌到着時刻も遅いような列車は遅延の可能性も含めて今後は設定されないんでしょうね。

こうしてみると、札幌圏のダイヤは改めて凄いと思います。教えていただき、ありがとうございます。

13045: by 管理人 on 2024/02/03 at 23:39:44

>>龍さん、コメントありがとうございます。

赤字8区間の処遇先送りについてのニュースもありました。自治体から不満の声もあったそうですが、個人的には利用者という人口を増やさない自治体に非があるに尽きます。

利用頻度の調査結果は管理者も確認しました。場所によって駅から目的地まで距離がある場合が多いので、免許を新たに取得したり、高齢者でも運転が可能な状態であれば、北海道では自家用車頼みの傾向にあります。

地方に限らず、公共交通が充実している札幌市内でも車移動が多く、先日は36号線が大雪で機能不全に陥りました。

仰るとおり、所要時間はかかるにしても、吹雪や足場の悪い冬は道民は極力外に歩きたがらないです。公共交通を利用しているのは、共働きで車が一台しかなく、一方の配偶者が使用していて移動手段がないためやむを得ずか、学生利用と車を手放した高齢者が大半です。基本的には車があれば車を使う家庭が多いですよね。

地方に行くと、通勤で1時間以上はザラです。

定期利用者を増やしたいのであれば、そうした地域別に置かれている状況を考慮した上で、なおかつ車社会が不利になるような仕組みをつくっていかないと公共交通重視の時代はやってきません。

あと札幌で言えば、JRと地下鉄が相互乗り入れできないのも残念です。札幌駅で移動があるために敬遠する人も少なからずいるはずです。相互乗り入れ可能であれば、もっと便利になっていたはずです。

▼このエントリーにコメントを残す