fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

羽田空港炎上事故に伴う臨時特急列車

1月2日の羽田空港での日本航空機衝突炎上事故を受けて、札幌〜函館間で臨時特急列車を、新函館北斗〜東京間で「はやて546号」または「はやて544号」を運行しました。新幹線については、5日運行分から号数が変わっていたようです。

臨時特急列車は6日まで、新幹線は8日まで運行していたと思います。



写真は5日の函館発の臨時特急列車です。はまなす編成を使用して運行しました。

3日は函館行きのみ、4日と5日は函館行きと札幌行きを運転し、6日は札幌行きのみの運行だったと思います。待ちがっていたら教えてください。

函館行きの臨時特急列車の運行初日はラベンダー編成で、4日がはまなす編成、5日は通常のキハ261系1000番台でした。急遽運行することになったにも関わらず、あらかじめダイヤを想定していたせいか、今回は対応が早かったと思います。

しかし、運行初日などは空席が目立ったらしく、急遽運行することになったため、周知不足のような傾向が見られました。新幹線がまだ新函館北斗までしか到達していないとはいえ、航空機関連で輸送に影響が出た際は、やはり新幹線が重宝されます。北海道胆振東部地震の際も復旧が早かったです。

このときは、新千歳空港が地震の影響で被災したため、復旧まで時間を要したことも原因ですが、それにしても、改めて新幹線は災害に強いという証明がされました。

加えて北海道の場合、大雪の影響で新千歳空港を発着する便が運休したり、途中で引き返したりすることもあります。こうした悪天候時においても、特急「北斗」と合わせて鉄道が重宝されます。

札幌まで延伸したら、こうした緊急時における輸送も今以上に対応しやすくなります。所要時間では負けてしまいますが、緊急時においては、そのようなことはほぼ関係なく、いかにして本州の目的地まで辿り着けるかが重要になります。

こうした緊急事態で航空機の輸送に影響が出る度に、早く新幹線の札幌延伸実現が望まれますね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す