fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

1月20日より、2024年もSL冬の湿原号が運行開始

2024年もいよいよ釧網本線の冬の風物詩、「SL冬の湿原号」が運行を開始します。



運行時刻は昨年と変わりません。コロナ5類移行後初の運転となります。例年運行に関する資料にあった感染症対策の記載が今年は記載されておらず、パーテーションなども設置されないことでしょう。車内はコロナ前のSL冬の湿原号の雰囲気に戻るでしょう。



例年1月から3月にかけて、一部を除いてほぼ毎週末運行していますが、北海道で唯一運行されるSL列車ということもあり、北海道の臨時列車では、圧倒的な人気を誇ります。気動車による臨時列車とは違い、煙を吐く姿、天気、風向きによって写真が全然違ってくるので、この列車のために本州から長期滞在する方もいます。

本州からこの列車と釧網本線、花咲線のために渡道する人間も多く、撮り鉄が多くなる時期でもあります。一方、標茶町のホームページで注意喚起がなされており、迷惑行為が多く、苦情案件となっていることも事実です。その一例として・・・

民家・農耕地及び鉄道敷地内への立ち入り・無断駐車・排泄行為等

路上駐車による通行支障

ゴミの投げ捨て

吸い殻の投げ捨て・タバコの火の不始末


等があります。

車で移動する際は臨時駐車場を用意しています。標茶町の鉄道ファン関連ページを以下に記載しておきますのでご確認ください。

参考URL:標茶町「鉄道ファン」の皆さまへお願い



たまに管理者もネタや臨時列車を撮影していると、猛スピードでレンタカーで追っかけをしている人間がいます。危ないですね。

管理者は車も好きなので、借り物の車をそのように手荒に扱うこと自体が信じられないのです。許される範囲で使用していいとはいえ、事故のリスクを伴う運転までは貸す側も想定していません。

ここ1年で印象に残っているといえば、キハ183系のラストランを遠軽駅前で撮影していた際、猛スピードでトヨタ・ヤリスが来て、列車が去っていくと同時に、猛スピードで走り去っていったのを覚えています。顔も秋元克広市長に似ていて、これも印象に残っている理由の1つですが、そこまで無理して追いかける必要はなく、たかがレールの上を走る鉄の塊のために、そこまで本気にならなくてもいい気がします。

管理者から一言言わせたら、バカのやることです。

それ以外にも免許取り消しになっていて、そのまま運転していて逮捕された事例もあります。そうした人間から鉄道を失くしたら何も残らないということはわかっていますが、人生を懸けてまでやることではないです。ここに気づくか気づかないかで人間性に大きな差が出て、そういう範囲内でやっている人間というのは、現地で出会って会話していても余裕がありますよね。

今回も間違いなく、どこかでトラブルは起こるでしょう。トラブルなく楽しく乗ったり、撮影したりするためには、各々で意識して行動するしかないのです。

是非とも何事もない今シーズンの運転になってほしいですね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す