fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

2023年度年末年始輸送期間中の特急「とかち」〜増結中間車にラベンダー車、はまなす車を連結!

今回で年末年始輸送の様子は最後になります。最後は特急「とかち」です。

いつも繁忙期輸送において、増結を実施する機会が少なく、繁忙期だからといってネタもあまりありませんが、今回の年末年始輸送の特急列車において、一番のネタになったかもしれません。

全列車が増結されて5両編成で運行されましたが、3運用中2運用に対して、増結車両が通常のキハ261系1000番台の増結用中間車ではなく、ラベンダー編成やはまなす編成の中間車を使用しました。










動画も撮影し、インスタグラムの方に先に掲載しています。

このような組成の仕方は初めてでした。今冬からはまなす編成とラベンダー編成については、中間車を1両抜いた4両編成での運行が始まりました。今後列車によって5両編成で運行する場合と4両編成で運行する場合があります。

年末年始輸送終了後も引き続き増結を実施しているみたいです。繁忙期輸送以外で増結を実施するのは珍しく、特に帯広方面はこの時期はこれといった集客効果はありませんが、強いて言うなら、南千歳〜トマム間のスキー客需要ぐらいでしょうか?

あと、もしかしたら4両編成となったラベンダー編成とはまなす編成と走行距離を極力合わせる措置も含まれているかもしれません。

加えて、キハ261系1000番台は、増結用車両というのが少ないのです。大量に製造されたものの、札幌、函館、釧路で分散して配置されてしまい、且つ車両を統一してしまったことから、繁忙期となれば増結車両が不足する傾向があります。

特に札幌車の場合、7次車新製配置時に一時的増結用車両が増えましたが、特急「おおぞら」がオール261系化されると、一部を釧路へ転配したことで再び少なくなっているのです。

札幌車の増結用車両は11両です。特急「おおぞら」2運用で最大8両が使われますから、残りは3両になります。これに予備車や検査中の車両を考慮すると、やはり不足してしまうのです。場合によっては、特急「とかち」で増結ができない場合もあります。

このため、今回のようにラベンダー編成やはまなす編成の中間車を使うことで、この不足分をカバーするねらいもあったと思います。

一方、先頭車を含む2両1ユニットは、帯広方と札幌方を含めて検査時などを除けば予備が最大で4本ずつあります。予備はこちらの方が豊富ですから、車両を増結するよりも年末年始のように臨時の「とかち」を別に用意した方が都合がよいのです。


今後も繁忙期において、札幌車は増結車両が不足する傾向が見られることは確実ですから、ラベンダー車両、はまなす車両が特急「とかち」や特急「おおぞら」の増結用車両として稼働していくのかもしれませんね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す