fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

2023年度春節・さっぽろ雪まつり期間中の特急「北斗84号」・特急「北斗91号」

春節・さっぽろ雪まつり期間中の特急「北斗84号」・特急「北斗91号」についてです。



写真は特急「北斗91号」のみ。サッポロビール庭園駅で撮影しました。

特急「すずらん8号」と被りそうになってギリギリセーフ!

年末年始輸送期間中から、はまなす編成は4両編成で運行しています。先日確認したところ、中間車1両はまだ特急「とかち」で充当されていました。

3月には宗谷線特急に充当しますが、その際には5両編成に戻される予定です。


一方のラベンダー編成は、臨時列車や定期列車に入る予定はありませんでしたが、宗谷線特急と石北特急に代走で登板しました。ちょうど予定が入っていなかったから代走として充当できましたが、稚内方面、網走方面で同じタイミングで代走になった場合、どのように対応していたのでしょうか?

おそらく、この特急「北斗84号」・特急「北斗91号」を通常のキハ261系1000番台に切り替えて対応して、はまなす編成を代走へ捻出していたと思いますが、現時点で1000番台が宗谷本線や石北本線に入線できないとなれば、函館方面へ回して代走用の車両を待機させておく必要があるのです。

今回は特急「とかち81号」、特急「とかち88号」の運用も増えたこともはまなす編成充当の理由の1つかもしれませんが、冬季で代走用車両が昨年度と比べて少なくなっているので、臨時用とはいえ、はまなす編成やラベンダー編成を可能な限り待機させておく必要があります。キハ283系も転用時に再度キハ183系の後継車である位置付けから、宗谷線特急の代走にも使用されるのではないかという憶測もありましたが、おそらく入線自体は可能なものの、旅客を扱うには、石北本線の停車駅で実施したホームの嵩上げの必要の可能性があり、代走車両としては使用できないものと思われます。

長距離を走る宗谷線特急や石北特急は日々車両に何があるかわかりませんから、可能な限り、函館方面は1000番台のように使用範囲が限られている車両を充当してほしいものです。


はまなす編成の次回の運転は、3月上旬から宗谷線特急の充当が始まります。今年のGW期間中も今回と同様に特急「北斗84号」・特急「北斗91号」に充当します。その際は今回とは異なり、5両編成での運転になります。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す