fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

2024年3月16日ダイヤ改正情報その10:「エアポート」増発の一方で札幌近郊の普通列車が削減

引き続き、ダイヤ改正情報です。

今回は札幌近郊の普通列車について。








「エアポート」増発の反面、その影響を受けるのが札幌近郊の普通列車です。

函館本線では、日中の時間帯で札幌〜小樽間で普通列車1本の運転を取りやめます。その代わりに、小樽発着の快速「エアポート」の手稲〜小樽間を各駅停車化し、普通列車減少分をカバーします。

朝・夕方以降を除き、日中の時間帯で現行の快速「エアポート」と同様に手稲〜小樽間も快速運転となるのは、特別快速「エアポート」の1往復のみとなります。


また、札幌〜江別間においても、日中の時間帯で江別発着の列車1本を取りやめます。1時間あたり、江別発着1本、岩見沢発着2本の計3本となります。


千歳線では、北広島〜千歳間で日中の普通列車を廃止します。代わりに、北広島〜新千歳空港間で各駅停車となる区間快速「エアポート」が普通列車の代替として運行します。苫小牧方面へは千歳駅で乗り換えが生じるようになります。朝・夕方以降は普通列車の運行が復活し、現行と同様の運行体系となります。




前回の記事でも記載したとおり、今回のダイヤ改正では、限られた本数の中で「エアポート」を最大限活用する体系がとられます。

「エアポート」が増発される分、その犠牲を伴う列車もあります。今回はそれが札幌近郊の普通列車になりました。主に乗務員を「エアポート」に回す分、それ以外の列車の本数を減らして乗務員を確保するしかないのです。

これは2020年3月ダイヤ改正でも同じことです。快速「エアポート」毎時5本運転の裏で、区間快速「いしかりライナー」の廃止、札幌〜小樽間で毎時1本減、札幌〜江別間も毎時1本減りました。「エアポート」に比重を置いた分、それ以外が犠牲になっているのです。

一部区間では、本数削減によって不便になると思います。実際にダイヤ改正以降、利用者から善かれ悪かれ多数の声が寄せられると思います。今回は特定の利用者に対して有利となり、利用者間で公平さがなくなってしまいます。賛否両論あると思いますが、このダイヤで実施してみて、今後改善できるところがあればその都度実施してほしいと思います。












↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
13078: by ナナッシー on 2024/03/02 at 20:20:51

こんばんは
時刻表で見る限り札幌〜岩見沢間は札幌発のH100系1本で他は733系などの電車が充当される見込みです。
737系は同区間を回送運転になると思われます。
折角737系を導入したのですから、H100系を回送にして737系を定期列車にしてあげた方が所要時間短縮にもつながるかと思います。
キハ201系の岩見沢駅までの乗り入れが復活します。25年ぶりの定期運用ですね。

苫小牧運転所に日中2編成電車を留置します。千歳〜苫小牧間の2731M〜2730Mは6両編成が担当し、その他は737系が充当されます。

13084: by 管理人 on 2024/03/04 at 22:07:16

>>ナナッシーさん、コメントありがとうございます。

仮に現行の923DがH100形にするのであれば、運用はほぼ電化区間だけのはずなので、電車に置き換えた方がイイですよね。

それとも、旭川か苫小牧配置車による運用になるのでしょうか?

923Dを除いて、札幌〜岩見沢間は3ドア車両での運行となっています。なので、朝の旭川行きでなければ、走行性能は同じでも、ドア数が減るのでサービス低下になります。この辺りの事情を考慮したら、回送運転で別に輸送するしかないですよね。

今回から新たに日中の千歳駅に737系がやってきます。折り返しは東室蘭や室蘭へ直通となります。ここは2両編成になって2ドアになるので、ある意味ではサービス低下になりますね。

おそらく直通利用客は少なく、ほぼ苫小牧で乗客が入れ替わるような感じになりそうですね。

13087:737系以外の通勤形電車にもワンマン運転の拡大を検討? by 龍 on 2024/03/05 at 00:17:05 (コメント編集)

735系電車のA-102編成の車体側面にカメラが設置されているのが目撃されています。どうやら、JR東日本が中編成ワンマン化に際し開発・導入した、「車両搭載型ホームモニタシステム」(カメラ・モニター等の連動が車内で完結する乗降確認支援システム)と同じものと考えられ、導入の検討のための試験を行うものと思われます。

これは地方線区において3~6両編成の都市型ワンマン運転を実施するべく発案されたシステムで、これまで地下鉄などで導入されてきたワンマン方式と異なり地上設備を必要とせず、設置コストとメンテナンスコストを抑えられます。このシステムによって都市型ワンマン運転を行う場合、運転士による運賃収受を省略するので、無人駅でも全てのドアが開くことになります。仮にJR北海道の札幌都市圏で本格的に導入する場合、どのように運用されるのかが注目されます。

JR東日本では、2021年3月13日から千葉県内の末端区間(内房線の木更津駅~安房鴨川駅間、外房線の上総一ノ宮駅~安房鴨川駅間、鹿島線の成田駅~鹿島神宮駅間)に導入されたE131系電車で初めて搭載されました。その後、E131系の量産・追加導入が進められ、成田線の成田駅~香取駅間、相模線の全区間、東北本線の小山駅~黒磯駅間、日光線の全区間にも都市型ワンマン運転を拡大。さらに2024年3月16日からは鶴見線の全区間にも拡大される予定です。

13088: by 管理人 on 2024/03/06 at 19:11:59

>>龍さん、コメントありがとうございます。

札幌近郊でワンマン化というのは現時点では考えにくいです。ただ、ワンマン化できそうな列車や区間はあります。

キハ201系の小樽〜倶知安間、引き続き3両編成を充当する列車もある岩見沢〜滝川間、737系の列車に限ってワンマン運転が導入される千歳〜苫小牧間など、ワンマン列車が運行している列車と重複する区間の列車は有力ではないかと思います。

特急列車についても九州などはワンマン化を一部列車で実施していますが、札幌近郊のような輸送密度の高いエリアではなく、宮崎エリアの787系の4両編成で実施されていたと思います。あとは豊肥本線の特急などの一部だけです。

目的は不明ですが、車掌が乗務すべき車両で今後ワンマン化を検討していることは有力でしょうから、どうなるか気になりますね。

▼このエントリーにコメントを残す