fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

【代走レポート】3月26日から29日にかけて、一部の特急「ライラック」を789系1000番台で代走

3月26日から29日にかけて、一部の特急「ライラック」を789系1000番台で代走しました。



27日の特急「ライラック10号」を厚別駅で。短期間ながら、かつて快速「エアポート」で共演した者同士です。



今回の4日間にわたる代走がダイヤ改正以降初めての代走になりました。管理者が気にしていた自由席の両数ですが、通常の特急「ライラック」に合わせた編成となり、自由席が減車されて5号車の1両のみとなっていました。

ダイヤ改正以降は、列車によって指定席の両数が増減することはないので、このあたりは統一されてわかりやすくなりましたね。

特急「カムイ」と合わせて確認していますが、ダイヤ改正以降は、指定席と自由席で利用に大きな差が生じている列車が多くなっていると思います。元々が自由席主体の区間で、たとえ自由席がまだ残されているとはいえ、今回から実質指定席メインとしているので、従来のSきっぷユーザーにとっては座席数が少なくなって不便を強いられていると思います。

今後は主にえきねっとを使って指定席を予約して利用していく方法がメインになっていくと思います。トクだ値適用で札幌〜旭川間往復で¥5,720です。Sきっぷとの差額は¥220です。それでも自由席の方が満席に近く、指定席は空席だらけの列車を結構見かけます。たかが220円差ですが、利用客はシビアですね。

チケットレスを使えば、往復で¥4,720でSきっぷよりも安くなります。ただ、全員が全員トクだ値を使えるわけではないので、全員が全員同一の料金で乗車できるという点に関しては、従来のSきっぷに軍配が上がります。

管理者としては、一度えきねっとを使ってしまうと、その便利さから多少の差額であればえきねっとで予約して指定席を取ってしまいます。混雑を気にしなくてよいので、ゆったり移動することができます。それに車内の雰囲気に+αでお金を払っているという感じでしょうか。

まだまだ馴染めないサービスだと思いますが、いずれは嫌でもえきねっとを使うような方針になると思います。スマホを操作できれば何ら苦はないので、今のうちに、時間のあるうちに操作に慣れておいた方がよいでしょう。一度使ってしまえば、あとは楽チンですよ。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
13124: by 龍 on 2024/04/03 at 00:25:18 (コメント編集)

運用離脱中の789系0番台(HE-106/206編成)ですが、苗穂工場で修理を行っている様子が確認されています。除雪車との接触で破損した前頭部の一部と運転席の窓ガラスが外された状態で、構内入れ替え作業が行われていました。

789系1000番台(HL-1005編成)が踏切でダンプカーと衝突した時は前頭部が完全に潰され、テレスコーピング現象で後続の車両も内外装が修理不能になるほど破損したため、復旧することなくそのまま廃車となりました。今回はその時ほど損傷が酷くなかったということでしょうか。

13132: by 管理人 on 2024/04/04 at 21:57:37

>>龍さん、コメントありがとうございます。

管理者もXで修繕の様子を確認しました。復帰までしばらくかかりそうですね。

スーパーカムイの事故とは違って今回は先頭部に接触、引っ掛けた感じなので、慣性による歪みも生じなかったのだと思います。脱線もしませんでした。重機が線路で立ち往生して、そこに正面から突っ込んだら同じ結果になっていました。

トラックも重機も基本的にはフレームが強固で乗用車との接触程度ではビクともしません。しかも重量級の車体にそこに突っ込めばいくら鉄道車両でも車体や台車は歪みますよね。

接触箇所からして、低運転台構造の車両や三セクが主に投入している軽快気動車であれば、自重も軽いので、この程度では済まなかったでしょう。

今回は運よく先頭部だけで済みました。これでもしスーパーカムイのときと同じような状況になっていたら、今の運用はどのように変化していたのでしょうね。

▼このエントリーにコメントを残す